サポルトとスタグル新作読んだ。。。。。

帰りにサポルト!のweb新作読んだ。




前の話がアレだったのと吹田のこともあって読んだけどほんま現実とシンクロしてる気がしてリアリティさバチバチ。ちと表現がアレだが(;・∀・)





来月には3巻がでるのですぐに買う。





能田達規センセのスタグル旅にいたっては・・・・・・・・読んでハラが減ってしょうがない。飯テロじゃまいかっ(((゜Д゜;)))





ダイエットしとる身にとってはキツくて身につまされるというかマジで美味しそうでツライんだよ・・・・・・・・(;´Д`)




で、京都はいつですかい?




そしてあすは岐阜戦だ。小橋建太さんも来られるが、、、、、、、、オイラは仕事で時間が取れない。




(T-T )( T-T)チクショウ…
スポンサーサイト

ボールボーイ。

きのうの千葉-徳島戦で徳島の選手がボールパーソンに暴力を働いて一発退場となり、試合後判定に不満を持ったヴォルティスサポーターが他のボールパーソンに対して液体をかけるというトラブルまで起きた。




映像みました。




やっちゃいかんでしょ(;・∀・)




その後の経過はあちこちで書かれてるけどボールパーソンは大変かつ大事なポジションなんですよね。彼らがいないと試合がスムーズにいかない。いちサポーターとしてはリスペクトできない行為。





リーグとしての判断はどう出るかによりますがこれを機にボールパーソンに対する見方がかわってくればサッカーの魅力も増えると思う次第です。



サッカー嫌いになってほしくないなぁ・・・・・・・・・

フラッグ。

ガンバ大阪のサポーターが先日の大阪ダービーでナチスを想起させるフラッグを掲げたとして問題になり、すべての公式戦でのダンマク、バナー、フラッグの掲示が禁止されるという決定がでた。




クラブとしては重い決定である。




浦和の騒動のすごい反響があってクラブも応援の仕様にも目を配るようになった。そのなかでポリティカルな部分はとくにデリケートになる。いま起きてるのはまさにそれでSNSが当たり前になった時勢ではどう説明しても琴線に触れたらそのリターンは何倍にもなって返ってくる。




元の姿に戻るのも容易ではない。




Jリーグとしての裁定はまだでてないけど甘くはないでしょう。




問題が起きるたびにいろんな意見がでますがサッカーというスポーツのイメージを貶める行為はなくなってほしいですね。全てのサポーターが悲しむ結果になるのですから。

大阪ダービー。

3年ぶりだそうです・・・・・・・・




NHKでみてましたがなんで見づらいコレオグラフィーにしたのかな(ーー;)




後半に試合が動いてガンバが先制するとセレッソは杉本健勇の同点・逆転ゴールでつきはなす。。。。。。。。




ATでガンバに追いつかれて2-2のドロー。




セレッソに勢いがあっただけに土壇場の失点は痛かった。大観衆の中での試合は迫力あっていいなぁ。きのうの今日だけどどこに差があるのかなと考えたんだけど・・・・・・・・




こっちには何もかも無さすぎる(>_<)




とにかく、一歩一歩ですね。

長崎のこと。

V.ファーレン長崎の経営危機がリリースされたのがついこないだのこと。




なんでそうなったのかはSNSで暴露されたけど要は放漫経営と現場介入・・・・・・・・・・累積債務がふくらみ、専属ライターさんを出禁にするなどダメダメ要素たっぷりの状況になっていた(同じ頃にB2鹿児島も経営危機でリーグから融資を受ける事態が起きた)。




その長崎に現れたのがNOVA。




NOVAうさぎで一世を風靡した英会話のNOVAである。




過去に事件をおこして傾いたが救済した会社がブランドを継承して立て直し現在は業績も回復している。そのNOVAが5億円を投資して筆頭株主として長崎に関わるということはサポーターにとってはホワイトナイトだしJリーグからみてもホッとしたことでしょう。





九州域内のクラブは何かしらのトラブルを経て根づいてるという印象を受けるけど、本来はこういうことはあってはならないと思う。




グローカルとしての目線は忘れてはいけないし地域に愛されるクラブになるためにはより経営努力をしていただきたいと念じる次第です。




どのクラブでも言えることですけどね・・・・・・・・・・・

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

kurasan8

Author:kurasan8
Jリーグ・京都サンガ、bjリーグ・大阪エヴェッサ、京都ハンナリーズと阪神タイガースを応援し、鉄道好きのペンキ屋さんです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR