わからないことは聞く。

ここんとこ作業以外のことでそうなん!?という話が多い。




昔のようになあなあでいってたことが難しくなっていろいろとカタにはまらないといけなくなっている。そんななかでオイラからしてもそこまでやるんやというかなんでそうなったか理解に難渋することがあった。ネットでみてもわからんから公的機関に問合わせた。




そこでわかったのは業界への指導というか立場を確立させなさいよということ。




ぼかしめに書いてるけど、公的な視点で言えば曖昧にするなと言うてるわけですよ。




たしかにオイラがこの仕事をやりだした頃はグレーなことが多くてそら曖昧なとこだらけでしたよ。




今は、個人情報のこともあって厳しくなって社会保障の面からの指導も多くなったんですね。そうなるとグレーでいってたとこなんか淘汰されてちゃんとしないと働くことなんてできなくなったわけです。とにかく健全なほうへ向かえというわけですよ・・・・・・・。それはそれでいいけど、海外からの研修生にも適用してるかというと疑問だけどね(このへんはどっかで書く)。




そういうわけで難渋してたことがクリアになって疑問すら解決した。




わからんかったら訊けばいい。




この歳になると変にプライドがでて偉ぶろうとするが素直に聞くとタイムリーな答えが出てウロコがおちる。やってみるといいもんですよ。





人生アンサーはないけど、答えは幾重にもあると思う自分でした。
スポンサーサイト

ゼニのとれる仕事をする。

いま行ってるとこは期間も長けりゃやるところがごっついあってタフなところ。



仕事の流れでなぜか一部のパートを見る羽目になったりとめっさハードな日々を送っております。そんな中でよく言われるのが、




『ゼニの取れる仕事をしよう』




ということ。。。。。。。。。




要は一日のノルマといいますか持てるウデを駆使してそれ以上の仕事をやってのけるということ。そうすることによって自分のレベルも上がるし充実感も得られる。




最近は同業者や他の業者の動きも注視してたりする。 『人のふり見て我がふり直せ』 ていうほどではないけど無駄な動きを直すには最善の方法が見つかるかもしんないんでいいとこがあれば取り入れたりしてます。味いちもんめのセリフの中に「いつでも修行」いうのがあったけどほんと齢重ねても勉強になるなというのがあちこちにありますね。




あすもまあバタバタするんでしょうけど、そういうことの積み重ねが束になってどう出てくるか実感してみたいですねえ。どこで花が咲くかわからんけど満開にしたいものです。




それでは。

セミナー。

世の中、契約社会と申しまして決まりごとを文章にして明文化して履行していくというふうになっています。




それでも履行がされないとなるとトラブルになっていって信用があっという間に瓦解していくというのもよく聞く話であります。とりわけオイラの業界なんてのはそういうのがよくあってですね、おカネのことでも口約束で済ますことが多いもんだからトラブルが起きやすい業界であると言えるんですね。



そういうわけでトラブルにあわないように下のセミナーに参加しました・・・・・・・








契約に関する法律的なやつですね。講師が弁護士さんでしたんでわかりやすかった。



オイラのような自営業や漫画家さん等はそういうトラブルに遭わないほうが一番いいわけでなんかの機会でもいいから知っておいたほうがいい内容ですね(^_^;)



ウチも今年から少しずつですが書類を交わすように改めましたのでビジネス面でもスムースにやっていきたいなと思ってます。



それでは。

けんせつ小町。

建設や建築業で働く女性のことを『けんせつ小町』と命名したらしいですが・・・・・・・





なんか違うなあ・・・・・と。




女性の積極採用という名目でしたんでしょうけど、そうやって特別扱いするようなネーミングは逆に効果無いやんと思うんですね。




建設業は正直言って体力勝負の部分があるのは事実ですが業種によってはやってる人を見たことがあるんでそんな名前を付ける前から生業にしてる人っているわけなんですよね。




だからああいうネーミングは違和感あるわけです。



どちらにせよ定着するかどうかはわかりませんけどねぇ( ̄◇ ̄;)

人手不足・・・・・・・・・(・・;)

続きを読む

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

kurasan8

Author:kurasan8
Jリーグ・京都サンガ、bjリーグ・大阪エヴェッサ、京都ハンナリーズと阪神タイガースを応援し、鉄道好きのペンキ屋さんです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR